19日 1月 2021
70代女性、10年以上使っていた入れ歯が合わなくなったとのことで、上下とも金属床(チタン)の入れ歯に作り直しました。
03日 12月 2020
60代男性。初めて入れ歯を作るということで、目立たないものを希望されたため、上あごは「金属床(チタン)のスマイルデンチャー」、下あごは保険適用の入れ歯をおすすめし、作成しました。
11日 11月 2020
50代女性、下あごの入れ歯の症例。 金属バネが目立つとのことで、バネの目立たない「金属床のスマイルデンチャー」へ変更しました。
15日 10月 2020
60代女性、上あごの入れ歯の症例。 金属のバネが目立つとのことで、バネの目立たない「金属床のスマイルデンチャー」への変更を提案しました。義歯床を薄い金属にする事で、軽く、異物感も軽減されます。
28日 9月 2020
接客業で人前に出ることが多い仕事のため、バネが目立たない「スマイルデンチャー」を提案しました。
09日 12月 2019
保険診療のプラスチック製部分入れ歯
今までのプラスチック製部分入れ歯(保険診療)が、強く噛むとすぐ割れてしまい噛み合わせの違和感を感じられていた患者さんに、金属床の部分入れ歯(自由診療)を提案しました。
11日 11月 2019
上あごの金属床入れ歯
今まで保険義歯を使われていた患者さんに、しっかりと噛める入れ歯にしたいとのご要望を頂き「金属床」の入れ歯を提案しました。
08日 10月 2019
上あごのシリコーンデンチャー
初めて入れ歯を作られる患者さんだったので、痛みが少なくフィット感がある「シリコーンデンチャー」を提案しました。
05日 6月 2018
金属床とバルプラストデンチャーの組み合わせ入れ歯
前歯は保険診療の歯を被い、奥歯は自由診療のバルプラストデンチャー(部分入れ歯)で治療をしました。
31日 5月 2018
保険治療入れ歯の装着例
治療前は、保険義歯のワイヤーが目立ち気になっていましたが、より自然で目立たない入れ歯に仕上がりました。

さらに表示する